本文へ移動

マスクフィットテスト

 屋内作業場において金属アーク溶接等作業を行う事業所さまへ
 令和5年4月1日より 溶接作業者に対しマスクフィットテストの実施が義務化されました。

フィットテストとは?

 特定化学物質障害予防規則 第38条の21の9項に「事業者は、面体を有する呼吸用保護具を使用させるときは、1年以内ごとに一回、定期に、当該呼吸用保護具が適切に装着されていることを厚生労働大臣の定める方法により確認し、その結果を記録し、これを3年間保存しなければならない。」と定められています。
 その測定方法が、「測定等告示第3条」に JIS T 8150:2022(呼吸用保護具の選択、使用及び保守管理方法)に定める方法 または これと同等の方法と定められています。

定量的フィットテストってなに?

定量的フィットテストの手順は・・・・・
 ① 使用する防じんマスクに専用のアダプタ又はプローブを付けます。
 ② 被験者は、その防じんマスクをつけます。
 ③ JIS T 8150 に示された動作をします。
    ( 動作中に試験粒子濃度を測定しています。)
 ④ フィットファクタの結果がでます。
 ⑤ ④の結果が「要求フィットファクタ」未満の場合 → 判定は、「不合格」
  もしも「不合格」になった場合は・・・
  不合格になった要因を確認し、再度フィットテストを実施します。
   ・ 装着指導
   ・ 呼吸用保護具の保守管理指導(清掃・消耗品の交換)
   ・ 呼吸用保護具の種類の変更(メーカ、型、サイズの検討)

フィットテスト実施の方法・・・・

行きます!   テスト実施者が御社に伺い会議室等にて実施

来てください! 鳥取県産業環境協会の研修室にて実施

                             会員:11,550円 一般:13,200円(税込) 
                             ただし、状況によって追加費用が発生する場合があります。
 
          2024年8月21日、22日、23日受付中です。
          

お申込み

お伺いする場合のフィットテスト経費について

人数・呼吸用保護具の種類等の情報をお知らせください。
お見積書を作成致します。( ※ 弊社会員様には、割引制度があります。)
一般社団法人鳥取県産業環境協会
〒680-0914
鳥取県鳥取市南安長2丁目85番地
TEL.0857-29-1154
FAX.0857-29-2288
1.作業環境測定
2.環境計量証明事業
3.安全衛生教育講習
4.安全衛生診断安全衛生コンサルタント業務
5.局所排気装置等の設計検査
0
3
7
9
0
1
TOPへ戻る